「ほっ」と。キャンペーン

●意識混濁


「抜糸」のために訪れた動物病院・・・
車の後部ドアを開けると、”ここ”が病院だと察したpanは急にテンションが下がりましたよ。

弛緩のためでしょうか注射をされたのち施術室の中へ・・・次に「麻酔」をかけられます。
e0338686_13552666.jpg


しだいに”混濁”して行きますが、それから逃げようとしているのか手足をバタつかせるpanに心が痛みます・・・
e0338686_13481123.jpg

e0338686_13482135.jpg


先生が『入っていいよ!』と手術室内に呼ばれましたよ!

「抜歯」して縫い合わせた歯茎は5ヶ所・・・『ふむふむ・・・』 確かに糸が5本、トレーに抜糸してりあます。
それに経過も順調で傷口はきれいに塞がっています。
ひと安心ですね~
e0338686_13544750.jpg


・・・ところが、これからが大変でした!
軽い「麻酔」でしたのですぐに意識が戻って来ます。

『ク~ンク~ン』と泣きはじめましたので、横で声を掛けます・・・口には”酸素マスク”!
意識は混濁したままで立ち上がろうと必死にもがきますが、四肢は言うことを効きません・・・

息苦しい酸素マスクから逃れようと、すます暴れ出しました!

先生の許可を取り、panを抱いて車の中で様子を見ます・・・(待合室は他のワンちゃんがいますので・・・)
『pan~大丈夫よ~、パパだよ~!』(まるで我が子を労わるようです!)

10分ほど過ぎ、ようやく少し落ち着き始めました。意識も徐々に戻り始め、自分の状況が分かり始めたようです。

さらに15分ほど時間が経過すると普段のpanに戻ってきました・・・『あ~良かった!』

今日はpanママは所用があり一緒に病院に来られませんでした。こうした時にひとりだと大変ですね~

自宅に帰って来ました・・・
『水分は1~2時間して、少しずつあげて下さい!』と言うことでしたので、
試しに少し与えると”咽る”ことなく飲むことが出来ました。

ところが・・・「抜糸」が終わりホットひと息ついたのもつかの間、またまた問題が発生!
2~3日前から便が緩く、昨日など便に血が混じっていました。

症状がひどくなり今朝など、排便の跡にポタポタと鮮血がでます・・・心配ですよね~

先生に相談し、便を調べてもらうと腸の中に「悪玉菌」が増殖していましたよ!
原因はいくつかあるでしょうが、強いストレスでもそうした症状が出るとか・・・

抜歯にフードの変化・・・毎日雨で散歩に行くことも出来ません。
まだ、歯を抜いてい居るために、大好きな日に3度の”ひっぱりっこ”も出来ませんでした。

歯の治療は終わったものの、腎臓数値の変化に今度は血便と散々なpan・・・


抜糸後3時間が過ぎましたので、先生の指示通りほんのひと掴みのフードを水でふやかし、
そこに薬を入れて食べさせます。
e0338686_14224845.jpg


食いしん坊のpan・・・あの”混濁”は何だったの!? と言うほどの食欲をみせ、ペロリと完食です!
朝食抜きだったpanは、”これだけ”ではとても満足できないでしょうが、致し方ありませんよね。

これで血便が止まり、腎臓の数値も正常に戻れば良いのですが・・・生き物を飼うって心配が尽きませんね~!
[PR]
by littlepan3 | 2015-06-18 14:36 | ■成長日記 | Comments(6)
Commented by littlepanさんへ at 2015-06-18 21:47 x
無事抜糸が終わってひと安心ですね・・・

Panちゃんの下痢はむりもないですよ!
ストレスからくる下痢は腸の粘膜まで痛めて血便まで行きやすいですよね~ 水分補給と服薬で早く治そうね!

心配事は尽きないけど・・・
でも、やっぱり犬は可愛いからつくしちゃうよね~!
Commented by 心ママ at 2015-06-19 11:33 x
Panちゃん大変ですね(>_<)
パパさんもさぞかし心配でしょう。
ストレス、相当かかっているでしょうね~。

それにしても処置室が見えるんですね。
私は見ていられないです(^^ゞ

Panちゃん早く良くなりますように・・・。
Commented by littlepan3 at 2015-06-19 18:16
☆「名無しの”権兵衛”さん」
 せっかくコメントを頂きましたが、お名前が分かりません。
 ・・・察しはつきますが、間違えていたら失礼ですので申し訳ありませんが、
 今一度お名前をいただくと助かります。

 ”下血”するまでの「ストレス」を与えたのかと思うと心が痛みます・・・
 病院、独りぼっち、麻酔、抜歯・フードへの変更、雨による散歩中止、室内遊びの制限・・・
 人間でも大変なプレッシャーです。ナイーブなpanは耐えきれなかったのでしょう。
 
 それでも投薬が効いたのか今日は下血はありません・・・
 ただ、菌はまだ死滅はしていませんので処方された期間は薬を飲み続けることになりそうです。

 ご心配ありがとうございますね~!
 
 
Commented by littlepan3 at 2015-06-19 18:28
☆心ママさん
 歯周病も下血も飼い主である私達の管理不足です・・・
 panには多大な負担をかけ本当に申し訳なく可愛そうでなりません。
 昨日の「抜糸」の様子などpanママが居たならとても見ていられなかったでしょう・・・私も心が痛みました。

 歯周病に関しては歯石があるのは認識していましたが、panは歯ブラシなどまったくさせないんです。
 でもね、言い訳になりますが歯石があっても歯周病にならない子も多くいます・・・
 それは、たまたまかもしれませんが「歯茎」を傷つけていないからでしょう。
 panの場合はその逆だったわけですが、「歯は命」ですからね~
 10本も失うことになり責任の重さを痛感しています。

 心ちゃんはちゃんと歯ブラシをさせるの・・・?
 panを「反面教師」として是非、歯ブラシは”慣行”下さい!
 
Commented by ウイママ at 2015-06-19 20:38 x
はーい
お察しの通り....名無しの権兵衛です(^^;;

何を考えていたんでしょうね〜
お恥ずかしい限りです

panちゃん、日増しに元気になってきましたね!歯を10本も失ったけど、きっとそんなこと感じないほとに元のようになれますよ!
Commented by littlepan3 at 2015-06-20 10:03
☆ウイママさん
 内容から「100%」の予測はしておりましたが、間違った場合に失礼にあたりますので、
 ”あえて”「名無しの権兵衛」さんとしました。
 やはり「100%」でした!

 抜歯に下血だけかと思いきや・・・
 昨日、右前足裏の手の平・・・関節がある部分の「毛」が無いのに気付きました!
 病院で先生が剃ったのかな?と、一瞬考えましたが、まさか足の裏なんてね~

 それなら蚊か何かに刺されて、panが舐めて毛が無くなったのかとも考えましたが、それも?

 そこで「ハタ」と思いたったのは強いストレスからくる「脱毛」です!
 人間だって強いストレスを受けると「円形脱毛症」になるんだから犬だって!
 と、考えたのですがどうでしょう?

 血便をするほどのストレスでしたから、そう思っても不思議はありませんよね・・・
 
 『二度ある事は三度有る』の例えもあります。
 もうこれで勘弁して欲しいよ!
 
<< ●散歩に行けたよ! ●命拾い!? >>