■ちょっと長崎へ・・・その①


4日程ブログをお休みしました。
その間も多くの方がpanブログを訪れていただいておりました・・・・感謝申し上げます!

予告もなくお休みましたので心配をされてた方もおありのようです。
実はpanママの「中学校還暦同窓会」があり長崎の方へ帰省しておりました・・・・

長崎への帰省を兼ね「小旅行」を”敢行”!
しばらくはその様子をUPして参ります。よろしくお付き合い下さいね!!

そのpanママの「還暦同窓会」は22日(土)午後1時から・・・・そこで前日の21日に宮崎を出ましたよ!

10時に自宅を出て、「霧島SA」と「宮原SA」で休憩・・・・その後、目的があり「松橋IC」で高速を下ります。
181号線から島原湾を望む海岸線の501号線を北上し荒尾・大牟田方面を目指します。
e0338686_11233971.jpg

e0338686_11241186.jpg

e0338686_11243278.jpg


長洲までやって来ました・・・・時刻は13時半を回りました。 お腹もペコペコです!
e0338686_11283688.jpg


この時刻にも関わらずここの駐車場にはたくさんの車が止まっています・・・・
長洲ラーメン店「大宝」さんで遅い昼食をとります。
e0338686_11304084.jpg


私はラーメン・ライス(小)、panママはちゃんぽんを注文です!
e0338686_11314723.jpg

e0338686_11315522.jpg


いつもの長崎帰省とルートを変えた今回の目的地に到着しました・・・・
このジオラマを見て何処だか分かりますか!?
e0338686_1136820.jpg

e0338686_11361576.jpg


今年、中国や韓国との軋轢や調整を経て近代化産業遺産登録が決定した「万田抗」です!
e0338686_1144264.jpg

e0338686_11441142.jpg


三池炭鉱群を形成する中の万田抗ですが、当時の三池の繁栄を象徴する唄、
「炭坑節」の一節」となった煙突跡です・・・・

『♪・・・・あんまり~煙突が高いので、さぞや~お月さん煙たかろ~・・・・♪』
e0338686_11442047.jpg


panは遺構の中には入れません・・・・テントの中でお留守です!
e0338686_11491936.jpg


煙突が解体された今、万田抗の象徴といも言える巨大な鉄骨組の「第二竪坑櫓」が威厳を持って迎えてくれました。
e0338686_1227463.jpg


ボランテアのガイドさんが付いて施設の案内をしてくれました・・・・
歴史や功績、閉抗となるまでの時代背景を聞くにつれ、万田抗は日本を支えたシンボルだったと実感します。
 
抗夫達は、必ずこの「山の神」が祀られる祠に祭礼し無事を祈願して抗に入って行ったそうです・・・・
e0338686_12313860.jpg


日本人や中国人、韓国人の抗夫達・・・・どんな思いでここで働いていたんでしょうね~
e0338686_12345735.jpg

e0338686_12351113.jpg

e0338686_12352371.jpg

e0338686_12353375.jpg


当時のヘルメットに照明器です・・・・
ライトはフル充電して10時間ほど点灯したようですが、明かりはわずか10w程度・・・・
この明るさで石炭を掘り、中で休憩や食事をとっていたそうです。
e0338686_12391744.jpg

e0338686_13241512.jpg


石炭を運んだ「トロッコ」・・・・
e0338686_12395967.jpg


縦に真っすぐに約270m掘られた竪坑に降りるための昇降機とそれを支持していた支柱です。
この小さな巻揚機に20人程度が乗り込んだとか・・・・
e0338686_12441777.jpg

e0338686_125422100.jpg

e0338686_12442692.jpg

e0338686_12544129.jpg


巻揚機室に案内されました・・・・
抗夫が乗り降りするものと、石炭を巻き上げる巨大なウィンチのふたつが設置されています。
e0338686_1247985.jpg

e0338686_12545241.jpg

e0338686_12551241.jpg

e0338686_12552374.jpg


この万田抗の設備の中で、最も価値の高い機械はこれ・・・・
明治31年に設置された蒸気による巻き上げ機械「ジャックエンジン式」の巻き上げ機です。

開抗時に使われた巻き上げ機ですが、その巻き上げ重量はわずか1tです!
e0338686_1341781.jpg

e0338686_1342423.jpg


明治から戦後までの日本の経済成長を支え続けた三池の炭鉱施設は、いま「近代化産業遺産」となって
この地にたたずんでいます・・・・

ここで働き命を落とした多くの”御魂”に手を合わせずにはいられません・・・・
e0338686_13102477.jpg

e0338686_13103196.jpg

[PR]
by littlepan3 | 2015-08-26 13:26 | ■旅行
<< ■ちょっと長崎へ・・・その② ●台風が来るのかな? >>