『行ってらっしゃい!・・・そして頑張れ!』

某化学メーカーに勤務する長男ですが、本日付で海外勤務となります・・・・


転勤に際して会社の事前相談に了承し、辞令が出て約ひと月・・・・

日本を離れる手続きや荷物の整理を進めてきたようですが、帰国後に必要最低限のものだけ

会社の用意したコンテナハウスに残し、すべては処分したようです。



荷物の整理に出向こうかと言いましたら、遠慮からか「拒否」・・・・

何も手伝わないまま中国・上海に行ってしまいます。

親として申し訳なさに加え少し淋しい気持ちもしますが、そこは息子の判断に従うしかありません。



昨日午前中、携帯で話しをしましたが、その携帯も昨晩より不通となりました。

中国では使えない携帯電話・・・・解約手続きが完了したようです。



そんな長男は本日、正午過ぎの飛行機で成田より出国

正月はおろか、次回宮崎へ帰って来るのはまったくの未定とか・・・・

勤務期間は3~4年と聞かされていますが、何度宮崎へ帰れるのでしょうかね~



親として、一番心配なのは「健康」の事・・・・

小さい頃より喘息持ちの長男にとって中国での生活は心配でなりません。

PM2.5が猛威を振るっている中の転勤ですからなお更です。



また、中国情勢は「経済、尖閣、南沙」と予断を許さない問題が累積しています。

同じ海外勤務であれば中国以外であって欲しかったと思う私達夫婦ですが、

長男を含め、社命に逆らうことは出来ません・・・・



間もなく「機上の人」となる長男の健康と仕事の成功を祈ってやみません・・・・

 

『行ってらっしゃい!・・・そして頑張れ!』 

[PR]
by littlepan3 | 2015-12-22 12:18 | ■その他 | Comments(4)
Commented by 心ママ at 2015-12-22 14:37 x
ブログを読んでいてこちらまで涙がこぼれてきます。
親として「たくましい息子の姿」に嬉しいような寂しいような・・・
我が家もあと少しすると、同じような姿を見るのでしょうね。

中学生から高校生になり朝早く帰りも遅く、親として関わることも随分減りました。
してあげられることと言えば、練習着の洗濯と、とにかく健康管理のための食事の支度です。
高校受験が終わったと思えば、今度はもう志望大学合格へ走り始めています。
文武両道で心も身体もひとまわり大きくなった気がします。

それにしてもPM2.5。
いくら仕事とはいえ、家族の方にしてみればホント心配でたまりませんよね!!
呼吸器を患う私にとって、ありえない光景です!!
喘息だったならなおさら、無理せずですよ!!
とにかく身体を大事にしてほしいです。

遠くから長男さんのご活躍をお祈りしています。






Commented by littlepan3 at 2015-12-22 16:19
☆心ママさん
 大学生活を経て社会人になり7年・・・・31才になった長男ですが、今や「企業戦士」!
 普段も夜遅くまで残業の日々が続いていました。

 就職し今の会社に入り「研究開発」部門の仕事をして来ましたが、上海支社では営業に回るとか・・・
 畑違いの仕事に慣れるまでは大変だと思います。
 でも長男は技術畑の人間ではありますが、人と接するのは得意な方ですので、
 うまくやれるのでは思っています。

 子供の成長は早いですよ心ママさん・・・・
 おっしゃるとおり高校へ入学すれば、すぐに大学受験の準備が待っています。
 大学に入れば、しばらくの余裕はあるものの今度は就活と息つく暇もありません。
 
 社会にでれば出たで、こんな調子でしょう~・・・・
 人生っていろいろありますよね~

 でもね・・・・子供の成長を見守るのも親の務めです。
 我が子がどのような人生を歩むのか、不安と期待でいっぱいですが、
 見届ける責任があります!!
 
 
Commented by ウイママ at 2015-12-22 22:57 x
息子さん、とうとう出発されましたか・・・

ブログを読んでいて、長女がアメリカに留学した時を思い出しましたよ・・・
勤務となれば事情は全然ちがいますが、送り出す時の親の気持ちに変わりはありません。
就職してからも年に数回の海外出張・・・
親は世界情勢を気にしながら、どうか無事に帰っておいで・・と祈らずにはいられませんよね~

息子さんも早く現地の生活に慣れればいいですね・・(慣れればといってもPM2.5には慣れちゃいけませんけど・・・)
若いっていうのは素晴らしいことですが、うちの長女にも出張のたびに言っているんですが、無理をせず頑張ってほしいものですね・・・
Commented by littlepan3 at 2015-12-23 11:26
☆ウイママさん
 前にもお話ししましたとおり長男には「持病」がありますからね~・・・・
 仕事の面ではそう心配もしていませんがそれだけが気掛かりです。
 
 グローバルな時代になり国外を相手に商売や仕事をするようになりました。
 私達の若かりし頃、日本が経済成長を続けていた時代でさえ、海外勤務は
 大手の会社に限定をされていました。・・・・が、今では地元宮崎の中小
 企業でも海外を相手に事業を行う会社が増えて来ました。

 少子高齢化による人口減少が進む中、このままの減少推移を続ければ
 H27年現在、12.659万人の人口が40年後のH67年には1億人を割り込み
 70年後のH97年には今の半分の6.143万人となるとの予測がなされています・・・・

 もはや日本企業は国内だけでの商売をしていては成り立ちません。
 π(パイ)が小さくなる中、多くの企業や会社が海外へ打って出ている要因は
 まさにその点にあります。
 
 今年は多くの企業が株高の含み資産を元手に国内外で「M&A」による合併や
 買収を行いました。
 将来を見越した「生き残り戦争」に先手を打っているわけですが、そんな中で
 私達の子供達は働いています・・・・
 まさしく時代は「グローバル」、今からの子供たちはますます大変になって行きますよ。
 精神的にも肉体的にも”丈夫”でないとやって行けません。

 資本主義社会の宿命でしょうが『豊さ』とは何なんでしょうね~・・・・?
 

<< 水俣の薔薇 ●ふかふかモフモフ >>