■「大幡池」登山 - その④

下山前に池の周辺を散策します・・・

e0338686_15014924.jpg
e0338686_15015543.jpg



強風が体を持って行きます・・・そして寒さ・・・
防寒着のフードを被り寒さを防ぎ、池周辺の写真を撮影していると・・・何やら遠くから声が聞こえます!

『お~~~い!お~~~い!』と人を呼ぶ声がかすかに聞こえてきますよ・・・

池を半周まわったくらいのところに人影らしきものが見えます。
カメラの望遠で確認すると確かに「人」です!

e0338686_15081293.jpg



こんな場所で人を呼ぶのですから「事故」かなにかあったのかもしれません・・・
panママを残し、声の主のところに急ぎます!

向こうも私達に気付き、こちらに移動を始めました。

e0338686_15104254.jpg



足場は悪く湖畔が迫る岸辺を急ぎます・・・

e0338686_15120816.jpg
e0338686_15121662.jpg
e0338686_15122167.jpg



大声を上げ人を呼んでいた方と合流しました・・・事情を聞きます。

どうやら同伴者と「逸れた」ようです。

別の鹿児島県側登山口ルートから二人で「大幡池」へ登り、「大幡池」の尾根を周遊していて逸れ、
尾根から見える場所を探して下に降りて来たとか・・・

大声を上げて呼んでいたのは同伴者を探してのことだったようです!

話を聞くと、逸れた方はここの登山は初めてとか・・・
滑落をするような危険な場所は少ないですが、このまま夜になると気温は零度以下になります・・・
心配ですね~

一緒に探してやるにしても私達もここは初めて・・・地形が分かりません。

結局、もう一度尾根にあがり休憩した「展望所」に戻ってみるとか・・・
(この方は鹿児島の山岳会のメンバーで十分な経験と知識があるようです)

不安を残しながら、私達も下山することとしました。

後日談ですが、翌日の新聞を食い入るように読みましたが「遭難」の記事はありませんでした。
どうやら合流され、無事に下山されたようです。

山は怖いですね~・・・

e0338686_15325053.jpg



さて、私達も下山しましょう・・・時刻は[PM2:34]分です!

e0338686_15335674.jpg



下りは早いですが、膝に負担がかかります・・・
また、踏み外して足首を痛めることが多いのも下山中です・・・慎重に下山しましょう!

e0338686_15355138.jpg
e0338686_15360280.jpg
e0338686_15360948.jpg
e0338686_16075435.jpg



『panママ~気を付けてね・・・ゆっくりよ~!!』

e0338686_15464736.jpg
e0338686_15465520.jpg
e0338686_15470120.jpg



順調に下山してきました・・・林道を通り「登山口」までやって来ました!

e0338686_15490242.jpg
e0338686_15490772.jpg



駐車場所に戻って来ました・・・下山にかかった時間は約1時間半
『いやぁ~疲れた~!』

panママは林道の砂利に足をとられ尻もちをつき、お尻に”痣”が出来ましたよ・・・
最後まで気を抜いたらいけませんね~

「ひなもり台駐車場(標高;685m)」から「大幡池(標高;1.234m)」までの標高差は約550m・・・
この高低差を往復したことになります・・・


体力の減退を感じた登山でしたが、体は疲れても”気分は上々”ですよ!
季節は春に向かいます・・・また何処かの山にでも登ろうかなぁ~?

e0338686_15585038.jpg
e0338686_15585500.jpg


[PR]
by littlepan3 | 2016-03-02 16:11 | ■宮崎の自然と話題 | Comments(2)
Commented by ウイママ at 2016-03-02 23:20 x
お疲れ様でした~
流石にPanちゃんはお留守番だったのね!
道中がハードでも達成できたときは爽やかでしょうね~

バーナーと日清カップラーメン!それとおにぎりとコーヒー・・
我が家と同じ!見て嬉しくなっちゃいましたよ!
雪山でも必ずこのアイテムですよ!
ライター残念でしたね~(笑)寛大なPanママさん、優しいなぁ~

でも、山登りは気をつけて下さいね・・・
「尻もち」でも圧迫骨折しますよ!
Commented by littlepan3 at 2016-03-03 18:38
☆ウイママさん
 毎日のpanとの散歩くらいでは「運動」にはなっていません・・・
 今回ほど体力の減退を感じたことはありませんでした。
 ・・・普段、何の努力もしてないんですから当たり前といえば当たり前ですが!

 寒い時は「温かな食べ物」とカップ麺を持参してみたは良いのですが、
 火が無ければ何にもなりませんよね~
 おにぎりを持って来ていただけ助かりましたよ。
 
 それから水筒に温かなお茶を入れて来ました・・・これは有難かった!
 朝、思いたって準備を始めた「つけ」がまわってきたわけで、思いつきで
 登山などしてはいけませんね!

 ハイ・・・お年寄りだったら骨折です。
 もしそうなったら”おんぶ”で下山は無理・・・『姥捨山』で置いて行きましょうか!?
 
<< ■登山後・・・ ■「大幡池」登山 - その③ >>