■大阪より帰宅

学生時代の住まいと比べ見違えるようにきれいだった次男の部屋・・・

自立し、家電品も家具も自前で揃え独身生活を謳歌しているようです。

次男の会社は29才までに寮を出なければなりません・・・
通勤のことも考え、ほど良い場所に新築物件を見つけ入居したようですが、それでも1LDKの部屋は狭い!
ベットの脇にマットを敷き何とか寝場所を確保・・・

ただ、ここには『自分が寝るよ!』・・・と親に対する気遣いをしてくれる次男です。


一夜明け、まず難波に出て散策・・・そして心斎橋にやって来ました。

e0338686_12205762.jpg
e0338686_12210288.jpg
e0338686_12211682.jpg



お決まりの「glico」の看板の前で写真を撮り~・・・

e0338686_12225809.jpg
e0338686_12230344.jpg
e0338686_12230872.jpg



梅田の阪急デパートでお土産の買い物と昼食を済ませ、「JR大阪駅」へ移動・・・

そしてパナソニックのシュールームを見学です!

e0338686_12332812.jpg
e0338686_12333460.jpg
e0338686_12333914.jpg



そうこうするうちに時刻は14時・・・

15時40分発の便に間に合うよう大阪空港へ向かいます!

e0338686_12352734.jpg
e0338686_12353200.jpg



大阪空港では時間が許すまで「ACTUS」の中を見て回ります・・・
次男も「ACTUS」はお気に入りのメーカーでアパートではアクタスの家具を使っていましたよ!

e0338686_12392482.jpg
e0338686_12392866.jpg



次男の見送りを受け定刻に機上の人となりました・・・
飛行機に乗り込んだ途端、気持ちはpanに向きます・・・元気にしてるかなぁ~?

e0338686_12405067.jpg
e0338686_12405498.jpg
e0338686_12410234.jpg



宮崎までのフライト時間は1時間・・・うとうとしたかと思うと、もう宮崎です!

真下にいつも散歩するマリーナやフェリー乗り場が見えますね~

e0338686_12421846.jpg
e0338686_12422341.jpg
e0338686_12422740.jpg



5時過ぎに自宅に到着しました~・・・

まる二日ぶりの帰宅に「大大大歓迎」のpan・・・ちぎれんばかりにシッポを振り胸元をカミカミします!

e0338686_12451328.jpg
e0338686_12451825.jpg

よ~くお留守番ができました!・・・お利口さんだったね~!

しばらく私達にまとわり付き、小一時間もすると『フゥ~』とため息をついてソファーの上で転寝をはじめましたよ。
二人でこれだけ家を空けたのは初めてでした・・・淋しい思いをしたんでしょうね~!!





[PR]
by littlepan3 | 2016-06-07 12:56 | ■その他 | Comments(4)
Commented by 心ママ at 2016-06-07 18:08 x
うわ~!
すっかり自立し、たくましい次男さんの姿と愛らしい愛娘の姿に、
なんだかこちらまでウルウルしちゃいます(涙)

長男さんといい次男さんといい・・・ホント「たくましい!」
うちの息子もこうあって欲しいですが・・・(悩)
やはり男の子は「家を出る」ことですね!!

でも、たくましく思う反面、すっかり親離れしてしまうと
寂しい気持ちもあるでしょう。
そこをPanちゃんが癒してくれていますね(^^ゞ


Commented by littlepan3 at 2016-06-07 19:25
☆心ママさん
 家を出ることが良いことか悪いことか分かりませんが、
 男女を問わず人として強くなることは確かです。

 子供達は3人とも県外の大学に進み男の子二人は県外に就職しました。
 
 長男が就活に入る前・・・M1(マスター過程)の時でした。
 突然に電話が入り、こう言いましたよ・・・
 『俺は本家の人間で長男だけど宮崎に帰らないで良いのか?』と・・・

 そこで、『宮崎でいま学んでいる学科の勉強が生かせる場所があれば好いけれど
 それは無いだろう?・・・ならば心配せずに自分の好きな道を選んだらいい』
 と答えました。
 すると・・・羽が生えたように今の会社に就職して現在は海外勤務です。

 宮崎は理系の専門で学んだ知識が100%活かせる場所が少ないのですよ!
 苦渋の選択です。
 その点、お住まいの関東は学校も職場も選べる環境が揃っています・・・
 ある意味羨ましいと思いますよ。
 
 親は出来れば子供を近くに置きたいと考えています・・・当たり前の感情です。
 その選択肢すらない地方があり都会に出て行かななけばならない”現実”があります。

 そんな子供達ですが、快活に生きていることを目にするだけで私達には慶びなのです。

 でも・・・最も淋しいのは・・・親や故郷宮崎から心が離れてしまうことが一番淋しい・・・
 特に自立心の強い次男は、宮崎へ帰って来るのは年末年始の3日間ですから・・・

 先日のお礼を兼ね、一昨日手紙を書き送りましたが、
 「還暦を過ぎた私達夫婦は長生きしてもあと20年・・・年に一度会えるとしても
 20回しか会えない。せめて年に2回くらいは帰郷するようにしなさい・・・」
 こんな内容をしたためました。

 自立は良いことですが、故郷への「望郷の念」だけは捨てないで欲しいと願う
 私達夫婦です・・・



 
 

 
Commented by ウイママ at 2016-06-08 23:27 x
いい旅でしたね!
結婚式に合わせて家族だけでなく、親族一同集合なんて素晴らしい!!
離れていても強い結束を感じます
羨ましい限りですよ

我が家もそうですが、地方って何かと不利ですよね・・・
うちも長女の力を発揮できる仕事はやはり山口では無理でした
頭では分かっていてもやはり複雑ですね~
おまけに国際結婚ですよぉ・・・(笑)

でもね、子供達もいずれ結婚し、家族を持つようになるとやはり故郷が大切な存在だと気が付くんだと思います。
いや、そうであって欲しいです!

故郷はド~ンと構えていましょうよ!

お留守番Panちゃん、皆さんの留守の時はどうしていたんですか?
Commented by littlepan3 at 2016-06-13 22:34
☆ウイママさん
 ごめんごめん・・・書き込みいただいていたんですね~
 見ていませんでした!

 その通り・・・地方には若者の未来を受け入れる「器」がありません。
 地元志向の若者が目指すのは公務員であったり銀行マンであったり、
 地場の一流企業であったりですが、その受け皿は多くありません。

 また、『一度は若い頃に都会に出てみたい!』と考える”想い”も
 理解できるところです。
 
 いま、市の「地方創生」や「第5次総合計画」の審議委員をやっておりますが、
 若者の県外流失は大きな課題です。
 ところが、その委員である私の子ども2人は県外へ就職しているわけで、
 心の「葛藤」もあります。

 「故郷を想う心」の大事さは齢をとるごとに分かってくるのでしょうが、
 家庭を持って子供などができれば帰省もままならなくなります・・・
 淋しくも感じますが致し方ないと諦めるしかないのでしょう。

 留守の時のpanはご近所の犬友である「むぎママさん」へお願いしてありました。
 朝夕の散歩にご飯などなどご迷惑をかけました。

 むぎママさんもブログをやっておりその様子をUPしてくれていて、
 県外にいてもpanの様子が確認でき本当に助かりました!
 (http://blog.livedoor.jp/mugiwan1208/)
 持つものは「友人」ですね!

 

 
<< ●梅雨入りしたものの・・・ ■息子の「接待」 >>