■佐賀(唐津)へーその④

唐津へは国道経由でいったん高速道に乗ります・・・
多久で下りバイパスに乗り、約1時間で唐津に到着しました!!

e0338686_11253790.jpg
e0338686_11254227.jpg
e0338686_11254991.jpg
e0338686_11255547.jpg



唐津駅前の商店街では夜の宵ヤマに向け「曳山」の飾り付けが行われていましたよ・・・
早くに移動してきて正解でした!

e0338686_11290738.jpg
e0338686_11291326.jpg
e0338686_11292058.jpg
e0338686_11292667.jpg



「辰野金吾」の愛弟子「田中実」の設計による旧唐津銀行・・・数年ぶりに訪れました。

e0338686_11325436.jpg



その横の車道では8番山「金獅子」の飾り付けが行われています・・・

e0338686_11342783.jpg



旧唐津銀行の横には唐津の銘菓「松露饅頭」を作る老舗菓子舗「大原松露饅頭店」があります。
早速買い求めます!!

e0338686_11370158.jpg
e0338686_11370712.jpg
e0338686_11371340.jpg
e0338686_11372138.jpg
e0338686_11372698.jpg
e0338686_11373226.jpg



「旧唐津銀行」は二度目です・・・内外とも完璧に保存されていますよ!

e0338686_11393312.jpg
e0338686_11393901.jpg



さ・・・他の「山」を見てみましょう。

e0338686_11410167.jpg
e0338686_11410702.jpg
e0338686_11411435.jpg
e0338686_11412046.jpg



京町アーケード街も祭り一色です・・・
この通りも夜になると「宵ヤマ」を見る観客で埋め尽くされるはずです。

e0338686_11441157.jpg
e0338686_11441635.jpg



鮮魚店から良い匂いが漂ってきます・・・接待用「くんち料理」のメインでもある「アラの煮込み」のようですね~

「唐津くんちは無礼講」と言われ、親戚や商売の取引先、お得意さん、
友人等であれば接待を受けることができると言う事でした。

この巨大なアラは特製の鍋で6~7時間もかけて煮込まれ、醤油6升、みりん2升、酒1升が使われるそうですよ。
この大きさ(約1m)で約100人分はあるそうです・・・

e0338686_11530640.jpg
e0338686_11531402.jpg

時刻は4時前になりました・・・今夜の宿に入りましょう!!


[PR]
by littlepan3 | 2016-11-07 11:58 | ■旅行 | Comments(0)
<< ■佐賀(唐津)へーその⑤ ■佐賀へーその③ >>