■悲しくて淋しい

大事な大事なご近所犬「むぎ」ちゃん(14才)が昨日亡くなりました・・・悲しくて淋しいです。
訃報を聞き、会いに行きましたがまるで眠っているようでした。

愛犬を・・・家族を失った失意は想像を超えるものがありますが「むぎママ」しっかりね!!


パピーの頃より仕事場に遊びに来ていた「むぎ」・・・懐かしい想い出となりました。

e0338686_10332101.jpg
e0338686_10332611.jpg
e0338686_10333278.jpg
e0338686_10334081.jpg
e0338686_10334602.jpg

panを迎えて9年・・・いつもご近所犬として優しく接してくれました。

e0338686_10352068.jpg
e0338686_10352598.jpg


ふたりのびみょ~な「距離間」は最後まで変わりませんでしたが、お互いの心は通じていたようです。

e0338686_10373822.jpg
e0338686_10374472.jpg
e0338686_10370438.jpg
e0338686_10371162.jpg

e0338686_10371931.jpg

心から、心から「むぎ」ちゃんのご冥福をお祈りいたします・・・

『さようなら「むぎ」ちゃん! 天国で思いっきり走り回ってね!!』


[PR]
by littlepan3 | 2016-12-09 10:44 | ■ひとり言 | Comments(4)
Commented by ウイママ at 2016-12-10 01:11 x
いつかは必ず訪れる「別れ」・・・
覚悟していても、わかっていても辛いですね

先日むぎ家のブログを読んだばかりだったので、本当にびっくりしました・・・
「その日」は突然だったのでしょうか?

むぎちゃんの笑顔を思い浮かべると、
病気で思うように体が動かせなくても、むぎちゃんの犬生をしっかり生き切ったんだということがわかります

それでも、残された者はつらいですよね・・・・

今はそっと見守るだけですよね

ご冥福を祈らずにはいられません・・・・

Commented by littlepan3 at 2016-12-10 12:21
☆ウイママさん
 『覚悟』・・・たしかに「覚悟」が必要ですね・・・改めてそう思います。
 
 その日、むぎちゃんは体力を落としながらも普通の生活をしていたようです。
 ただ・・・だんだんと食欲は落ちていたようです。
 当日のお昼前、自宅近くの動物病院へ出掛け右腕のガーゼ交換中に突然心臓が
 止まったようです・・・痛がるそぶりもなく安らかな亡くなり方でした。

 亡くなる2日前の6日夜、panママと予定していたコブクロコンサートに出掛けた
 むぎママさんでしたが多少の不安はあったものの様態は安定していて、普段の
 看病からすこし解放された気分だったのではないでしょうか・・・

 いま思えば、飼い主が楽しみにしてるコンサートまで寿命を引き伸ばしてくれた
 むぎちゃんの気遣いだったのかもしれませんね。

 MDを患い「覚悟」を決めていたむぎママさんでしたが、献身的な介護は誰にでも
 できる努力ではありませんでした。近くにいてよ~く分かります。

 今はむぎちゃん、そしてご家族に『本当にお疲れ様!』と言ってあげたいです。

Commented by むぎわんママ at 2016-12-11 21:51 x
panパパさん むぎの事書いてくれてありがとうございますm(__)m
最後の最後までほんとにお世話になりました
panパパ大好きなむぎでしたもんね~
でっかい耳のむぎ 懐かしい・・・・・
PC突然の故障でむぎの小さい時の写真がなく 寂しく思ってたら ここにいっぱいアップされてて嬉しかったです
いつも寝てた場所にいないむぎ・・・
なんだかふっとみてしまう自分がいます
ここ2日 次男夫婦がお泊りしてくれたんで 家事子守でかなり気分がまぎれましたが
明日からが正念場かな??でもずいぶん穏やかな気持ちにはなって来てます

元気に走り廻って泳いでウリウリして たまに脱走して・・・
あの元気な時のむぎを覚えていて欲しいと思ってます
あの頃の写真をまとめなくっちゃと思ってるとこです
panちゃんとの生活 今からいっぱいいっぱい楽しんでくださいね
うるさいくらいが一番いい!!です
ほんとにほんとにありがとうございましたm(__)m
Commented by littlepan3 at 2016-12-11 22:34
☆むぎママさん
 先代犬キキの頃から見てきた「むぎ」は外孫(?)のような存在した。
 いつも会わなくても近くに「居る」存在感を感じながら生活してきました。
 それが当たり前で当然のこととして・・・

 DMと分かり、そう遠くない将来にお別れの時が来ると思ってはいたものの
 いざむぎがいなくなると淋しさが募ります・・・
 
 パピーの頃より我が家に出入りしていたむぎは私の中では特別な存在だった
 ことを、いま実感しています。

 私がそうですからむぎパパ・ママさんは相当だと思います。
 今はう~んと悲しみ泣いたらいいと思いますよ・・・だって辛くて淋しいんだから。
 
 でも、むぎと出会い一緒に生活してきた14年間は大変ながらも充実した時間だった
 と思います・・・むぎに有難うですよね!

 むぎを写した写真があります・・・
 いつになるか分かりませんが額に入れて差し上げますね!!
<< ●悲しみの余韻 ■お昼・・・ >>