2015年 11月 19日 ( 1 )

■長崎到着!


長崎へは「伊万里~佐世保~川棚~大村」を経由して入ります・・・・

「チャイナ・オン・ザ・パーク」や一昨年行きました「三河内焼」の里、三河内を後ろ髪を引かれる思いで
通り過ぎます!
e0338686_13282472.jpg


そして着いたのが佐世保市城間町にある「無窮洞(むきゅうどう)」です!
まったく観光地化されていない「戦争の生き証人」でもある無窮洞・・・・その歴史や経過と内部をご紹介します。
e0338686_13332268.jpg


太平洋戦争のさなか(1943年)、佐世保には海軍基地があり他の地方より多くの空襲を受けました。
若い青年や大人は戦争に行き、残されたのは老人や女性に子供達・・・・

いよいよ空襲が激しくなり、当時の宮村国民学校の教師と小学生たちは学校裏の岩山を掘り防空壕を
作ることにしました・・・・それも巨大な防空壕です。

高学年の男子生徒がツルハシやノミ・カナヅチで掘り、女子生徒や低学年の子供達はクワで
壁を滑らかに整え、掘った石や土を運び出します・・・・
掘ること2年・・・・ようやく完成をみましたが、まもなく終戦を迎えます。

先生や子供達の手堀によって自然の岩山を掘り進め完成させた「学校」は、
今でもその面影を残し、この地にたたずんでいます・・・・
e0338686_13333084.jpg


中は幅約5m、奥行き約20m、生徒500人が避難できたというほどの大きさです。
避難中でも授業や生活ができるように、教壇まで備えた教室をはじめ、トイレや炊事場、食料倉庫、
さらには天皇の写真を奉ずる御真影部屋まで設けてあり、戦時下の時代背景を知ることができます・・・・
e0338686_13491413.jpg

e0338686_13492166.jpg

e0338686_13493242.jpg


その頃、生徒だった子供達は現在では80才を越えます・・・・
戦争の記憶を無駄にしないためにも、多くの人達に訪れて欲しい場所でもあります。

ちなみに「無窮洞」の「無窮(むきゅう)」の意味ですが・・・・

※「無窮」とは・・・
「きわまりないこと」、「かぎりないこと」で日本と子供達の将来がいつまでも栄えることの願いを込め、名付けられたそうです!
e0338686_13494297.jpg

e0338686_1349501.jpg


無窮洞には犬は入れません・・・・最後も車中待機のpan
私達の見学が終わり無窮洞まわりの田舎道を散歩します・・・・長い2日間でした!
e0338686_14105677.jpg


さてさて、これから実家のある諫早を目指します!
e0338686_1411994.jpg


大村湾が右手に見えて来ました・・・・まもなく大村です!
e0338686_14114535.jpg

e0338686_14115297.jpg


諫早に着きましたよ~! いつものようにいきよいよく庭に走って行ったpan・・・・
今夜はゆっくりしようね~!!(と言っても、外犬ですが・・・・)
e0338686_1414015.jpg

[PR]
by littlepan3 | 2015-11-19 14:21 | ■旅行