2016年 04月 12日 ( 1 )

■痛い出費

先日の「市房行き」に関するブログの最後に車(プラド)のことで「意味深」なことを書きました・・・
覚えてらっしゃる方はいらっしゃいますか?

購入から今年で21目に突入した愛車(ランドクルーザー・プラド/インタークーラーターボエンジン/ディーゼル車)・・・
走行距離は何と25万キロにもなりました!
そのプラドですが、ひと月くらい前から「ギア」の調子がよくありませんでした。

突然「O/D」(オーバードライブ)のスイッチが入ったり切れたり・・・
おかげで普通乗りでL/8k程だったものがL/6kと燃費効率が悪くなりました。

また、信号停車から発信する時に2.000近く回転数を上げないと発進しません・・・

そこでディーラーに持ち込み点検をしてもらうと「トランスミッション」が故障していて交換が必要とか。

ところが、21年も前の車種ですので新品の部品(トランスミッション)は無く
「リビルド品」(部品を集め壊れた部分や劣化した部分を交換したもの)となりました・・・

ただ、リビルド品と言えど驚くほどの費用です・・・質の良い軽自動車の中古車が買えるほどの値段なんです!

仕事やキャンプなどのことを考えるとジープタイプの4WD車は私にとって”必修”です。
また、新車(450~500万)を購入する余裕はありません。

そこで「修理」に出したわけですが、発注したリビルド品の組み立て(オーダーメード)に約ひと月・・・
部品が揃い車を預けての交換作業に1週間もかかりましたよ!

さて、新しい「トランスミッション」を搭載したプラドですが、果たしてどれくらい走ってくれるのでしょうか?
ちなみに「リビルド品」のうたい文句は『新品に近い品質を安価に』がコンセプトなのですが!

でも・・・考えてみれば約20年間、オイル漏れひとつすることなく走ってくれました・・・
本当にランクルは頑丈な車です。
人間と同じで、悪くなったら治療や入院も必要ですよね・・・

プラドさん、どうか『あと10年』は問題なく走ってちょうだいね~!!

e0338686_18011757.jpg
e0338686_18012212.jpg




[PR]
by littlepan3 | 2016-04-12 18:18 | ■ひとり言